ZX-10Rに課金 ECU書き換えでフルパワー化

※パワーチェック動画あります。

今回の課金はフルパワー化です。

10FACTORYさんで書き換えしてもらいました。

乗っているZX-10RはUS仕様のため高回転のパワーがカットされています。

2019年の車検時にレッドバロンさんでしてもらったパワーチェック結果は

RS型純正マフラー&触媒仕様で

1回目:137.4ps 2回目:144.5ps 

せっかくリッターバイク乗ってるのにちょっと寂しい結果でした。

今回どこまでパワーアップするか楽しみです。

7月11日にパワーライドがあるのが分かってから急遽予約を入れてもらいました。

無理を言ってすみませんでした。

11時のオープン時間に到着し車両と作業内容の確認。

バイクのマフラー仕様はこれです。

以前取り付けていた自作バッフルは外して持っていきました。

こんな感じのマフラーは抜けすぎてパワー出ないらしいです(笑)

4stは吸排気ガバガバにすれば良いもんやと思ってました。

奥が深いんですね。

作業内容は

・ECU書き換え

・セッティングハーネス取り付け

・パワーチェック

ECU書き換えは自分でECU取り外して郵送でも対応してもらえます。

セッティングハーネスは今後カウルとECUの着脱がいらないように

ECUからテールカウルまで書き換え用の配線を伸ばしてもらいました。

ECU書き換え内容は

・フューエルマップセッティング

・点火タイミングセッティング

・アクセルオフ時の燃料カット → OFF

・アイドリング回転数 1100rpm → 1200rpm

・299kmリミッター解除

ZX-10Rのマップは F・M・L の3つありますが、

F パワーモード:触媒レスのフルパワーマップ

M パワーモード:触媒ありのフルパワーマップ

L パワーモード:純正の L パワーマップ

に書き換えてもらいました。

JK型はエアクリボックスを開けてECU取り外します。

ECUは赤丸部分に付いています。

そこから後方に向かって配線を伸ばしてシートの下まで。

青丸がもともと車両に付いているコネクターで、

赤丸が今回増設のセッティングハーネスです。

次回からはこの二つのコネクターでECUの書き換えができるそうです。

最後にパワーチェック

ZX-10R 10FACTORYさんでフルパワー化 & パワーチェック

179.7ps

現車セッティング無しですが結構良いんじゃないかとの事でした。

この辺は流石10FACTORYさんのノウハウが詰まったマップなだけありますね。

ここからさらにマフラー変更や現車セッティングで

10ps以上良くなる可能性があるらしいです。

書き換え前と比べると35ps~40psぐらいは上がっているので、

US仕様の純正マップは1気筒死んでたのと同じぐらい

パワー無かったとも考えられますね。

それなりにお金はいりますが、

今までフルパワーにしていなかったのもったいない。

これでようやく本物のZX-10Rになりました。

今回行ったメニューで作業時間が約2時間、金額が7万円でした。

現車セッティングだと更に5万円ぐらい掛かるそうなので、

今回の作業は凄いコスパだと思います。

ピークパワーだけではなく全体的に乗りやすくなっていると思うので、

すごく楽しみですが11日は雨予報のまま。

なんとか曇りぐらいになってくれんかなー

そういえば朝バイクを車に乗せる時に

フロアカーペット剥がれました(笑)

走るうちはこの車に乗ろうかと思っているので、

トランポとして使うなら何か対策したほうがいいかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました