2022年 「零」オフロードイベント in 三木アネックスパーク

2月11日に三木アネックスパークで開催された、Jr’s Clubさん主催のミニバイクオフロードイベントにスパーカブC50で参加してきました。

今回エントリーしたのはビジネスクラスのモトクロスコースのみでしたが、せっかくエンデューロなのでってことで当日に林道も含めたフルコースに変更してもらいました。

会場に到着して思ったのが、皆さんマシン凄すぎです。

たぶん純正50ccエンジンのカブは僕たちだけで、その他にも前後サスペンションにステップまわりもカブのフレームを使った別物のマシンって感じでした。

見た感じ同じコースを走るなら全く勝ち目無い感じですが、純正エンジンの信頼性とやる気と根性で頑張ります。

受付が終われば練習走行の時間が設けられていたので、バタバタと用意したマシンの最終調整です。

サスペンションなど走ってみると問題点だらけだったのですが、とりあえず現地でなんとかなるところだけ修正しました。

まずは予想以上に干渉するフロントフェンダーの取り外し。サスペンションが縮むと急ブレーキが掛ったようになり、練習走行で思いっきりコケました(笑)

続いて常に足に当たって邪魔なキックペダルの位置を変更。

キックは蹴りにくくなりますが、カブの利点エンストしにくいのでたぶんそこまで影響出ないはず。

シフトペダルの位置も調整しようと試みましたが、ステップバーに干渉するので断念しました。

最後に前回換えたところですがエンジンオイルの交換をします。

何年も放置されてたオイルが完全には入れ替わってないので練習走行をフラッシングとしました。

で、出てきたオイルはこんな感じで思ったより真っ黒。

半分ネタのつもりでしたが、これから4時間走るのでオイル交換しててよかったです。

お昼ごはん食べ終わったらいよいよレースです。

スタートは全クラス同時。

コース、フルコースも関係なく一斉にスタートです。

4stの50ccなのでスタート出遅れるのは仕方無いですがどこまで前に付いていけるかですね。

スタート風景はこんな感じ。

カブもジャンプしてます。

3周程度で交代しながら順調にラップを重ねていきます。

パワー不足はあるもののそんなに悪くないペースで周回していましたが、ラスト1時間ぐらいの時 悲劇は突然やってきました。

パンク・・・

急にリヤが滑り出したと思って確認したらパンクしてたみたいで第1ライダー緊急ピットイン。

登りでタイヤが空回りして加速せず、思わぬ負傷もしてました(笑)

パンク修理キットも持っていないしリタイヤかと思いましたが、エンジンまだ生きてるのにリタイヤはもったいない。

ってことで困ったときのタイラップ登場です。

ですが持っていたのが安物のタイラップなのでちょっと強く縛るとロックが外れてスルスルに・・・

消耗品もちゃんとした物買ってないとだめですね。

思ったより復旧に時間が掛かってしましましたがなんとかレース復帰することができました。

最後にはタイラップ全て切れてましたが、残りの1時間もなんとか走り切って無事に完走。

急遽用意したスーパーカブ C50でしたが、エンジンもサスペンションも壊れることなく最後まで走り切ってくれました。

さすが世界のHONDAです。

クラス8台中4位と悔しい結果にはなりましたが、来年も開催されるとの事なのでエンジンボアアップとサスペンションアップグレードしてリベンジしたいと思います。

リザルトはJr’s Clubさんのホームページに掲載されています。

主催者のJr’s Clubの皆さん、参加されたライダーの皆さんありがとうございました。

帰宅後すぐにメーカー物のタイラップ購入(笑)

今回カブに履いたタイヤはフロント IRC、リヤ TIMSUNでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました